スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCに語らせてみましょう。*お題5「ふるさとについて」


「神の鳥籠であり、うるわしき常春であり、わが存在の拠り所であり、――言いたくはありませんが、そうですね、認めましょう。 かの地は、私の処刑台だ」
(そこから消されるくらいならば、生殺しのままで嗤い続けられた方がまだマシだと、そう思ったこともある)


「………………跡だけは継ぎませんからね!? 誰がなんと言おうと、絶対に!」
(郷里からは勘当同然で逃げ出したはずだったのに、どうしてこうも、事あるごとに!)


「んー……捨ててきたとこ、かな。 よくも悪くも、俺の起点で、過去で、二度と戻りたくなくて――……でもね、……壊したいとまでは、思えないんだ」
(憎たらしくて忌々しいけど、どうでもいいとまでは言えなくて)


「影たる俺のふるさとは、――我が創造主殿の、深く暗き御心だ、とでも言おうか?」
「影たる私のふるさと、は……創造主の、“生きたい”という願いでしょうか」

(いずれにせよ我等はしょせん影ゆえに、主の遺志にいまだに引きずられているままで)
(そんな傍迷惑な話もない、 だって我らの心は決して、主の虚像ではないのだから)


「それは、そうね。 帰りたいけれど――ああ、もう翼がないのですもの」
(遠き楽園を夢見ながら、今日も地を這い、それでもわたしは生きるのです)


「己の血肉の還るべき大地であり、剣を握る誇りをかけて、末代まで守りたらしめるべき領域だ。 ――しいて言うなれば運河、さもなくば、港があれば尚よいのだが」
(それはわが国であり、あるいはわが領地であり、……ああされど、 願わくはあと幾許、己は“世界”を見たいのだ)


「わたしの“目覚めた”ところ。 わたしがわたしであるためには、いてはいけない、安息の場所」
(いつかまた、あのベッドで眠るかもしれない。 けれどそれは今じゃない)


「まぁ、ふるさと? ――うふふ、 わたくしはもう、屑金にも、火事場の炎にも、戻りたくはございませんわ」
(あるいは鞘なき剣の帰るべきは、 “主”の手より他にありまして?)

全文を表示 »

スポンサーサイト

気付いたらこんなの描いてた自分が嫌だ。(……)


あまりにも更新がないのもアレなのでがしゃがしゃお絵かきしたのはいいのですが、表に出せるようなシロモノじゃあなくなったわけでしかしこのままぐーぐるせんせえのアドだしっぱも嫌(ry

……要するに追記注意にて(´;ω;`)フリーダとフリーダです。(……)


全文を表示 »

「ぶっ壊します☆」


もう背後自身が名前書くの面倒くs(ry
エスカリボ○グじゃないけど撲殺天使(※見習い)。 もはやこのネタ古いでしょうか、というか「L」が一個足りない/(^0^)\orz
フロルヴィエロは描きづらくて仕方がないです。 ついでに呼びづらいのでもうエルちゃんでいいと思います。(……)

多分もうちょっとあったかくなったらうざいくらいにロル回すことになると思うんだ……! いわゆるあれです、春は不審者に注意です(´∀`)b(※

白い夢魔のおはなし 1


 かぎりなく白に近い金のくせっ毛、冷たい水のなかからみあげた空の色ような銀色のひとみ、ミルクに鮮血をほんのり混ぜた色の頬。 ふるぼけた白の衣につつまれたほんの幼いむすめは、ある夜、“目ざめました”。
 そこはおおきな寝台の上でした。 むすめはまっくらな部屋のまんなかの、天蓋つきのベッドで、虫くいと埃だらけのシーツにくるまれていました。
 壁にかかっている錆びた剣よりも背の丈のないむすめは、もぞもぞ、そこから抜け出すだけでもひとくろうです。 やっと乳離れしただろう、くらいのちいさな手足で、なかば落ちるように、まっくろによごれた絨毯におりたちます。

 すると、真っ赤な目をしたコウモリたちがさわぎはじめます。 蜘蛛ががさがさ、あわてたように寝台の下から出てきます。 ぎぃ、と扉が軋んだかと思うと、まっさおな顔色の大勢の死霊が、なにごとかと顔をのぞかせました。

 ――そこは、 幽霊屋敷、と呼ばれているおうちでした。


白い夢魔のおはなし



全文を表示 »

嫋々夜


月の翳
月闇(つくよみ)の今宵は、睦言葉(むつことのは)に横たわり、寂々と眠ればいい。
望むなら俺が奏でようよ、 君のために、さやかなる百鬼夜行の旋律を――。



たまにはエセ和風ファンタジーな雰囲気で御篝。 あくまで雰囲気だけの絵なので笛らしきものの構え方とか月がのっぺらぼうだとかもう本当勘弁してくだs(銃声
月の光はついつい強いハイライトで塗りたくなりまし(ノ∀`)しかし華がないったら……! 仕方がないですよね御篝ですもn(ry

«  | HOME |  »

プロフィール

輝月黎

Author:輝月黎
(゜ー゜`)♪(……)

■画像はブランカ■

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。