FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

not慈愛but自愛、ときどき愛。


トゥーレが無邪気でも博愛主義でもないというお話です(´∀`)↓
ただのイラスト一枚で無駄語りは輝月のデフォですサーセン……!((((orz))))
しかしシャーペン絵スキャンはとにかく汚かったと言う痛恨のミス。というわけで隠しておりまし。orz


追記でGo ahead(どうぞ)☆

血のいろ薄く

PLの絵柄やらの癖でつい、PCは溌剌とした顔にしてしまうことが多いのですが、トゥーレの表情イメージは(美人かどうかはともかく/笑)「ドール」。
線が細くて静的で、柔らかさの感じられない肌、温度のない躯――開くとも感情のない色ガラスの瞳、ただ綺麗なメロディを奏でるだけの指先と喉。
本当はワンピースの色も上の絵のように死に装束っぽい白にしたかったのですが、腰のラインの見えないデザインにしたら寝巻きにしか見えなかったので没りまし。(…)

主に私の趣味とロールのしやすさ的な意味で(笑)ケモノ大好き設定がくっついていますが、基本的には執着を拒み、自分の期待を自分で否むような性質です。 表面上にこやかにはできるし人間関係を粗略にするわけでもないのですが、どうしても踏み込まれたくない硬い部分があると言いますか……うーん。
本質的にはうふふあはは♪で育った娘なので時に天真爛漫ではあれ、無垢で無邪気とか言っていられない歳でございまし。「少女」と言うよりか「娘」、「乙女」という印象でしょうか。 時々「女」の顔すら見える頃。
女性としての一種の「ずるさ」も知っています。 巧拙は別問題としても、甘え方もたらし方もそれなりに。

ゆえにこそ反面で、一種の防衛反応として笑顔をふりまくんですよね。 もうここまでくると深層心理的なものになるのかも知れませんが、害されたくないから汚い所が見えないように、優しく、穏やかに。 時としてその方が有利なら甘えてすがる。 他人を傷つけないためではなく自分が傷つかないための、無意識中で作り上げた静穏な性格。

……本質がどろどろしているのに自分で自分が「ドール」でありたいと「自分」を否定して、それで固い殻にヒッキーしてる、が正しい表現かもしれません(´∀`)トゥーレも輝月のPCなわけで、多聞にもれず根は我侭です。 一番深いところでは、自分のためにしか笑わない。
ただ過去それで(自分のため~)失敗したこともあるわけで、それプラスいろいろな経験を経て、今じゃ「誰かのため」という、言わば「無償の愛」を素直に信じられない部分があるんだと思いまし。
それでも神の支配下の有翼という種族柄、人は「愛するもの」ですから、強烈な背反ができあがり、と(´・ω・`)ややこしす……

またその「愛」を貪って利用しようとする自分がいることにも気付いているから自己嫌悪スパイラルです。 けれどそんなどろどろした面を人に見せてもろくなことがないから、笑顔で鎧いまし。 それでもやっぱり自分に甘くて優しいことが好きだから、結果的に無邪気に頼ってみたり、お愛想ふりまいたり。
まぁそれが人としてひどく不実だというのも理解しているでしょうから、恐らく素直に「愛したい」と思っている部分もあるんでしょうけれども。 簡単に拭える不信でも恐怖でもないと。

……(´∀`)ひゃっほうなんて重たい女だ……!! 自分を繕い続ける人間が大嫌いなフリーダと、これじゃ仲良くなれないはずだよ!orz


いや本当は人間大好きなんだけどちょっと不信に陥ってます、くらいの設定だったんですが、どうもロルをしているうちにこれは違う、もっとなんかこう……どろどろだ、と思い始めましてこの有様……orz!(笑)
基本的にPLがあほなのでPCの言動もあほですが(……)、自分用のメモということで。

最近某ギアスの枢木さんのおかげで、どんな支離滅裂な言動にも一応思想や心情を慮る能力がついてきました(・∀・)この考察もその結果でございまし。ありがとうスザクさん! 君の滅茶苦茶なウザ行動のおかげさ!(ry
輝月はこれでも枢木さんも好きです、よ(………………)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://winget.blog24.fc2.com/tb.php/158-d8bd1583
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

輝月黎

Author:輝月黎
(゜ー゜`)♪(……)

■画像はブランカ■

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。