FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碧のアレゴリー



 はらはらと途切れてゆくもの、消えるきらめき。 あなたの背中がもう見えない。
 過去は瑠璃色、日に透く硝子。 未来は黎明のむこうの透明、紗よりも軽いもの。
 今は熱いスポットライトの外で、鉛の冷たさを夜のさなかで、かみしめる。

 「なつかしい」なんて思うのは、少しだけ前に進めたということなのだろうか。

 ――ああ、光は走馬灯。 幻影の向こうには踏み込めない。
 誰かの聖域は荒らしてはいけない。 わが楽園は錆びた籠に、翼をちぢめて、くちばしを伏せて。

 踏み出すのは一度両翼をそぎ落とすこと。 もう風斬り羽の半分は堕ちてしまった。
 今は花散らす風を吹かせてはなりませなんだ、 ええ、承知しております。

 どれもそれも見えざる手に守られた神の寵児よ。 完全な不可測調和と美辞礼賛の衣を纏う、ピュグマリオーの妾人形。
 この野卑で拙い歌声も、甘く優しい都会の恋歌を、紡ぐべきか。 喉にこらえて、不協和音を殺すべくして。

 そうして変わってしまった私でも、「あなたにあいたい」と言えるだろうか。
 思いきれない、みすぼらしい老いの姿。 時代は変わった、お前はただの残像、と言われたらそれまでのこと。

 それでも在りし日、たがいに模索を重ねては、ごめんなさいとありがとうと、無限の空を吹きわたる風を味わった。 確かな思い出。 けれどそれももうだいぶ昔のことなのだと、今さら気が付いたよ。

 願わくはもう一度、私は競い合うように――――


 
   
碧のアレゴリー、その名は懐古趣味。

月日の中で逢える人も、できることも変わるのです。
思い浮かんだはいいけどどうにも語感がよろしくない。 これじゃ散文にもなりませなんだ。


ああもう、それにしてもはやくPBC生活に戻りたい……orz 思い出したように入室するなんてジャンキーのやることじゃないよ!(※) ロールは週に複数回が基本だ!

……って言っても思い出すまでもなく昔っからチキンでした(´;ω;`)ええまったく成長できておりませなんだ! 輝月にて!

ノスタルジックな小春日和にさそわれて、でございまし。 春までもう少しっ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://winget.blog24.fc2.com/tb.php/173-39f77afb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

輝月黎

Author:輝月黎
(゜ー゜`)♪(……)

■画像はブランカ■

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。