FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCに語らせてみましょう。*お題5「ふるさとについて」


「神の鳥籠であり、うるわしき常春であり、わが存在の拠り所であり、――言いたくはありませんが、そうですね、認めましょう。 かの地は、私の処刑台だ」
(そこから消されるくらいならば、生殺しのままで嗤い続けられた方がまだマシだと、そう思ったこともある)


「………………跡だけは継ぎませんからね!? 誰がなんと言おうと、絶対に!」
(郷里からは勘当同然で逃げ出したはずだったのに、どうしてこうも、事あるごとに!)


「んー……捨ててきたとこ、かな。 よくも悪くも、俺の起点で、過去で、二度と戻りたくなくて――……でもね、……壊したいとまでは、思えないんだ」
(憎たらしくて忌々しいけど、どうでもいいとまでは言えなくて)


「影たる俺のふるさとは、――我が創造主殿の、深く暗き御心だ、とでも言おうか?」
「影たる私のふるさと、は……創造主の、“生きたい”という願いでしょうか」

(いずれにせよ我等はしょせん影ゆえに、主の遺志にいまだに引きずられているままで)
(そんな傍迷惑な話もない、 だって我らの心は決して、主の虚像ではないのだから)


「それは、そうね。 帰りたいけれど――ああ、もう翼がないのですもの」
(遠き楽園を夢見ながら、今日も地を這い、それでもわたしは生きるのです)


「己の血肉の還るべき大地であり、剣を握る誇りをかけて、末代まで守りたらしめるべき領域だ。 ――しいて言うなれば運河、さもなくば、港があれば尚よいのだが」
(それはわが国であり、あるいはわが領地であり、……ああされど、 願わくはあと幾許、己は“世界”を見たいのだ)


「わたしの“目覚めた”ところ。 わたしがわたしであるためには、いてはいけない、安息の場所」
(いつかまた、あのベッドで眠るかもしれない。 けれどそれは今じゃない)


「まぁ、ふるさと? ――うふふ、 わたくしはもう、屑金にも、火事場の炎にも、戻りたくはございませんわ」
(あるいは鞘なき剣の帰るべきは、 “主”の手より他にありまして?)


久しぶりに(笑
上からシレン、御篝、フリーダ、累音(嵐、累)、トゥーレ、フライ、ブランカ、イルシェオンです。

一部そもそも母胎から生まれたわけじゃない生命もどき?はおいといて(……)
そうじゃなくても「ふるさと? 今は関係ないよ(・∀・)」的な奴らが多いのは、単純にさすらってもらっていた方がいろんなところでロールしやすいからでs(ry

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://winget.blog24.fc2.com/tb.php/186-f1efbc19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

輝月黎

Author:輝月黎
(゜ー゜`)♪(……)

■画像はブランカ■

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。